[先着500名限定]特別オファーの公式サイトに移動しています。
3秒以内に自動で移動しなければ下記URLをクリックしてください。
公式サイト:https://tagi-ri.jp/

しっかり避妊をしましょう!
避妊は絶対!
Prevent pregnancy

ピルを使って避妊!
しっかり避妊をしましょう!
Contraception
The contraceptive pill

ピルは正しく服用すれば、ほぼ100%の避妊効果が期待できます。女性が自分の意志で避妊できる方法でもあります。

どんなもの?

 ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。これが脳下垂体に作用して、卵方の発育と排卵が抑制されます。
その他に、子宮内膜を受精卵が着床しにくい状態にしたり、子宮経管粘液(排卵期になると子宮頸部(けいぶ)から分泌され、精子を進入しやすくする体液)を変化させて、精子を進入しにくくします。

副作用はあるの?

 ピルの副作用、もしくは副作用と思われているものについて解説します。

血栓症
 ピル非服用者の血栓症リスクは低く女性10万人あたり年間5例ほど。ピルの内服によりそのリスクは3~5倍まで増加しますが、妊娠時のリスクよりは相当低いと言えます。
乳がん
 ピルの使用によって(服用期間にかかわらず)乳がんの発生率はほとんど変化しません
子宮頸(けい)がん
 5年未満のピル使用では、子宮頸(けい)がんのリスク増加はごくわずかですが、5年以上使用するとリスクが増加する可能性もあります。子宮頸(けい)がん、乳がん共に、早期発見のためにもピル内服の有無にかかわらず定期的な検診をおすすめします。
体重増加
 ピル内服による体重増加の根拠はありません

 

性感染症(STD)予防には、とても有効な方法です。

男性の避妊:コンドーム
しっかり避妊をしましょう!
Birth control
Contraception

薄いゴムの袋で、ペニスにかぶせて使用します。精液が腟の中に入るのを物理的に防ぎます。
コンドームは、性感染症を防ぐ有効な手段ではあっても、破損や脱落装着ミスによる失敗もあり、 確実な避妊法とは言えないので注意が必要です。
コンドームによる避妊は、男性の協力が必要不可欠です。

「性感染症(STD)の予防にはコンドーム、避妊にはOC」と考え、これらを併用するようにしましょう。
コンドームで予防できない性感染もあるので、定期的な検査も大切です。

●使い方
サイズの合ったものを選び、必ず最初からつけるようにしましょう。
薬局やコンビニなどで購入できます。